Fandom


この記事には、まだ書くべきことがある!(ヘルプ)
北部についてのことを知っていたら、今すぐ編集をクリックして、情報を追加してください!
The North
ウェスタロスの北半分であり、ウィンターフェルスターク家によって治められている。

北部は他の六王国を合わせたほど広いが、人口は希薄である
雪が降り、冬の気候は厳しい。
ホワイト・ハーバーの街は繁栄した港として描かれている。

北部の北の境は、アリシン・ターガリエン女王によって冥夜の守人に永久に与えられたニューギフトであり、南北50リーグ(240キロメートル)ほどの幅で東西に広がる。

ネック(地峡)の湿地が北部と南部の境界である。
ネックの沼地には、小柄な湖上生活者が住み、スターク家の旗主である灰色沼の物見城リード家に治められている。
狭く通行困難な土地であり、難攻不落のモウト・ケイリン城も備えるがゆえに、この地域は自然境界であり、南部からの侵略に対する防衛線となっている。
このため、北部は最初の人々の習慣を色濃く残す土地となった。

北部に生まれた高貴な私生児は、“スノウ”姓を与えられる。

その他の主な城はボルトン家ドレッドフォート、スターク家の親戚であるカースターク家カーホールドトールハート家トーレンズスクエアアンバー家最後の炉端城などである。

旗主と城編集

地域編集

諸島編集

沿岸部編集

川と湖編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。