Fandom


この記事には、まだ書くべきことがある!(ヘルプ)
ドーンについてのことを知っていたら、今すぐ編集をクリックして、情報を追加してください!
Dorne
ウェスタロス最南部で最も人口希薄な土地。

中心のサンスピアはドーンを統治するマーテル家の本拠地である。
その郊外にはマーテル家の夏の宮殿であるウォーターガーデンズがある。

ドーン辺境の高い山々(赤い山脈)から大陸の南岸までがドーンである。
北にはドーン海があり、東にはステップストーン諸島があり、南の沿岸は〈夏の海〉に面する。
ウェスタロスで最も暑い地域であり、岩だらけで山も多く、乾燥した気候で大陸唯一の砂漠がある。
だが川の周りには肥沃な土地が広がり、ドーンを居住可能な土地としている。
内陸では水が金と同じ程の価値を持ち、井戸は厳しく警備されている。

主な城としては、デイン家スターフォール城、マーテル家の最も強力な旗主であるアイアンウッド家アイアンウッド城などがある。

ドーン人は熱血さで知られる。
過去にエッソスヴァリリアから逃げて来たロイン(ローイン)人による大規模な移住があったため、ドーン人は文化的にも人種的にも他のウェスタロス人とは異なっている。
男女平等の長子相続制など、ロイン人の習慣も多く取り入れている。

ドーンはエイゴン征服王に抵抗することに成功した、ウェスタロスで唯一の王国である。
その後、征服戦争の一世紀以上後になって、通婚によって七王国の一部となった。
これにより、ドーンはある程度の独立性を保つことになった。

ドーンを統治するマーテル家の領主は、ロイン人のならわしで自らを“プリンス”あるいは“プリンセス”と称する。

ドーンに生まれた高貴な私生児は“サンド”姓を与えられる。

ドーン人は3種類に分かれるとされる。
"塩のドーン人"は沿岸にすみ、ロイン人の血が最も色濃く残り、肌はオリーブ色で髪は黒い。
"砂のドーン人"は砂漠および川の沿岸に住み、肌はさらに黒く、スカーフを頭に巻いて日差しを避けるがよく日焼けしている。
"岩のドーン人"はロイン人の血が最も薄く、北の山岳地方に住み、肌は白く髪の毛は茶髪あるいは金髪であり、アンダル人および〈最初の人々〉の血を色濃く残す。

乾燥した風土およびロイン人の影響など、ドーンは後ウマイヤ朝の支配を受けたスペインをモデルとしており、ドラマシリーズのシーンもスペインで撮影されている。

旗主と城編集

編集

  • 赤い山脈

編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。