FANDOM


ゲームオブスローンズ_Wiki > キャラクター一覧 > ティリオン・ラニスター

ティリオン・ラニスターシーズン1からシーズン6にかけての主要な登場人物であり、シリーズプレミアから登場し、ピーター・ディンクレイジが演じる。ティリオンはタイウィン・ラニスター公の第3子である。姉はサーセイで、兄はジェイミー



人物編集

嘲りを込めて“小鬼”や“半人前”などとあだ名されるが、極めて高い知性の小人である。父の政治的策略の才を受け継いでいるが、その醜さ、舌鋒の鋭さ、売春婦好きのため、そして出産が母親の死を招いたゆえに、父タイウィンから憎まれている。姉サーセイにも憎まれているが、兄ジェイミーには優しく扱われる。敵に対しては残酷な手段をとることもできるが、見捨てられたものや不当に扱われた者達には同情心をもつ。

経歴編集

若いころ、乱暴しようとした男たちから若い農民の娘ティシャを救い、結婚したことがある。だがタイウィンがこれを知った時、ジェイミーから娘が売春婦であったと嘘をつかせ、兵たちとティリオンに輪姦させ捨てさせた。この出来事はティリオンのトラウマとなっている。

シーズン1編集

ティリオンは、王室のウィンターフェルへの運命的な旅に参加し、その後〈〉を訪れる。この間、ジョン・スノウとティリオンは意外にも友人となり、見捨てられた者同士として、共有する人生の一面を分かち合う。ティリオンが南に戻る途中、キャトリンは息子のブラン・スタークの殺害を試みたとしてティリオンを逮捕し、亡くなったジョン・アリンと、未亡人で彼女の妹のライサの本拠である高巣城に連れて行く。ここでライサは、ティリオンをブラン殺害未遂の罪だけでなく、亡き夫ジョン・アリン殺害の罪で裁判にかける。傭兵ブロンが擁護者となり、決闘裁判で勝利したため、ティリオンは処刑をまぬがれる。高巣城を出た後、彼は鋼と栄光を約束して、獰猛で粗暴なアリンの谷間の〈山の民〉を雇う。

シーズン2編集

タイウィンは、ティリオンを〈王の手〉の一時的な代理としてキングズランディングに送る。ティリオンは愛人のシェイを伴うが、苦心してその存在を隠す。ティリオンはサーセイとのほろ苦い権力闘争を始め、常に彼女の先手を打つ。〈炎素〉で充たした船と巨大な鎖を用意し、これはやがて〈ブラックウォーターの戦い〉でスタニス・バラシオンの艦隊を壊滅させ、大勝利をもたらすことになる。スタニスの兵たちが戦略的に重要な門を壊そうとした時、ティリオンだけが状況の深刻さを理解し、城壁の外に突撃して門を守ろうとする。自分に合った大きさの戦闘斧をもって馬に乗り、兵士たちを率いて戦う。戦闘の間に、〈王の盾〉の騎士により殺されそうになり、従者のポドリック・ペインに救われるが、顔に傷を負う。

シーズン3編集

傷から回復するが、父タイウィンに権力を奪われ、〈山の民〉の軍勢も都から追い払われている。サンサ・スタークとの政略結婚を強制されるが、気乗りしない花嫁を憐れみ、床入りを強制しようとはしない。

シーズン4編集

夫婦はジョフリー王の殺人の件で、無実でありながら告発される。サンサは逃亡し、ティリオンだけが裁判にかけられる。通常の裁判では勝てないことを知り、グレガー・クレゲインに対して決闘裁判を戦うようブロンに依頼するが断られる。悪名高い熟練の剣士であるプリンス・オベリン・マーテルがティリオンの擁護者として名乗りを上げる。だがグレガー・クレゲインはオベリンを殺し、ティリオンは死刑を宣告される。しかし、ティリオンは兄ジェイミーとヴァリスによって密かに牢から解放される。ジェイミーは、かつて父タイウィンに命令され、ティリオンがかつて結婚した娘が売春婦であると嘘をついたことを告白する。城を出る前に、ティリオンは秘密のトンネルを通って父の部屋を訪れ、かつて愛したが裏切られた売春婦シェイと父を殺す。

シーズン5編集

ヴァリスの助力により、ティリオンは貨物箱に箱詰めされたままペントスへ逃げ延びる。虚無感から普段以上にやけ酒をあおるティリオンに、ヴァリスは呆れながらも自身の目的でもあったターガリエン家復興について打ち明ける。混沌に包まれた七王国を救うのはターガリエン家デナーリス・ターガリエンであり、それを支えるにはティリオンのような政治力のある人物が必要だと語り、ティリオンはその説得を受け入れる。そして二人は、デナーリスが統治するミーリーンを目指す。

追手を警戒し軟禁状態での馬車の旅に飽きたティリオンは、道中、ヴォランティスに立ち寄り、娼館で鬱憤を晴らすかのように飲んだくれるも、偶々出くわした追放中のジョラー・モーモントに見つかり拉致される。ジョラーはティリオンの首をデナーリスへ献上すると言い、ティリオンは連行される形で再びミーリーンを目指す。ヴァリリアを通る際、グレイスケールの襲撃を受け、ティリオンは命の危険に晒される。しかし、ジョラーに命がけで救われたことから、お互いに打ち解け始め、皮肉を飛ばしながらも理解するようになる。

沿岸を徒歩で移動中、運悪く補給の為に停泊していた奴隷船に遭遇し、二人はそのまま奴隷として捕まってしまう。大闘技会で戦う剣闘士として売られた二人であったが、偶然、練習試合を見に来ていたデナーリスと邂逅し解放される。険悪な空気の中、ティリオンは世界を収めるには武力だけでなく政治力のある優秀な相談役が必要と説き、デナーリスはお互いにその価値があるか見定めると受け入れる。女王を讃え開かれた大闘技会中、ハーピーの息子たちの大規模な襲撃を受け、女王であるデナーリスは行方不明となる。女王不在の中、ティリオンは反乱の火が燻るミーリーンの統治を任される。

シーズン6編集

女王不在のミーリーンは不穏な空気に包まれ、ティリオンの統治は上手く運ばない。打開策を模索するも、ハーピーの息子たちによる反乱は勢いづき、港の船団もことごとく焼き討ちに合ってしまう。一方で、ヴァリスの小鳥がハーピーの息子たちの背後に、各都市の奴隷商人の親方達がいることを突き止める。

再び都市を制圧し、親方全員を処刑すべきと訴えるミッサンディ達をなだめ、ティリオンは譲歩で事態を収める融和策を選ぶ。併せて、民衆に強い影響力を持つ光の王の女司祭に協力を仰ぎ、宗教による民衆の安定化を図った。親方達の懐柔、宗教による扇動は成功したかのように見え、ミーリーンは活気を取り戻しつつあった。ハーピーの息子たちの反乱、元奴隷の殺傷沙汰が収まったことを喜び、ティリオン達はつかのまの安息を楽しんでいた。

しかし、ミッサンディ達が危惧していた通り親方達の業は深く、巨大奴隷船団による奇襲でミーリーンは炎の海にのまれてしまう。絶望的と思われた最中、女王デナーリス・ターガリエンドラゴンに乗って帰還する。デナーリスは親方達始め、船団や各都市を焼き払い全てを滅ぼすと憤るも、ティリオンは狂王エイリス・ターガリエンと同じ道を歩むのかとそれを諌める。

改めて交渉の場を設けたティリオン達に、親方衆は降伏と奴隷制の復活を要求するが、降伏するのはお前たちだとデナーリスは一蹴。ドラゴン達が一気呵成に奴隷船団を沈め、親方達の兵は一目散に敗走、事態は収束へと向かう。ティリオンは人を信じる事を避けて来たが、デナーリスのことは信じられると告白し、改めて忠誠を誓う。デナーリスは「女王の手」としてティリオンを迎え入れる。

人間関係編集


俳優編集

ピーター・ディンクレイジ(Peter Dinklage)。1969年6月11日生まれ、アメリカ合衆国の俳優である。軟骨発育不全による小人症で、身長135cm。小さな体格を生かして数多くの作品へ出演。ジョン・ファヴロー監督、ウィル・フェレル主演のクリスマス・ファンタジー『エルフ 〜サンタの国からやってきた〜』では気難しい絵本作家や、ミシェル・ゴンドリー監督の異色コメディ『ヒューマン・ネイチュア』などの作品にも顔を見せた。

声優編集

森川智之(もりかわ としゆき)。1967年1月26日生まれ、日本の男性声優、ナレーター、歌手。アクセルワン代表取締役。アニメ・吹替など多数の作品に出演。ユアン・マクレガー、トム・クルーズ、キアヌ・リーブス、マーティン・フリーマンなど多数の吹替を担当している。