ゲームオブスローンズ Wiki
Advertisement
ゲームオブスローンズ Wiki


ターガリエン家は、ドラゴンの血を引き、古代ヴァリリア永世領の貴紳らを祖とする。ヴィセーリスデナーリスの父エイリス (狂王)はジェイミー・ラニスターに殺害され、“鉄の玉座”をロバート・バラシオンに略奪された。

ターガリエン家の性質[]

ターガリエン家の人間は、髪はプラチナ・ブロンドで瞳の色も薄く、非人間的とも言われるほど美しいのが特徴。ウェスタロスの貴族の間では唯一、ヴァリリアの結婚の慣習に従い、兄弟が姉妹と結婚する。3人が夫婦となることも多い。“ドラゴンの血”という言葉は、ターガリエン家独特の容貌を語ったものであり、金と銀の混じった、あるいは銀白色の髪と紫の瞳である。

ウェスタロスの全七王国の上位の家として300年近くも統治し、全ての名家は当家に忠誠を誓った。その本拠地はキングズランディングの王都とドラゴンストーンの島の砦 であり、王室領の最上位の家でもあった。ターガリエン家は東のエッソス大陸の名高いヴァリリアを故郷とする。古代文明を破壊した災厄である〈破滅〉がヴァリリアを襲う前に、ターガリエン家は、ヴァリリア大帝国の最西端の拠点である、ウェスタロスの沖のドラゴンストーン島の城砦に移住した。〈破滅〉の一世紀後に、征服王として知られるエイゴン1世 は、姉妹と共にドラゴンと軍を率いて、後にキングズランディングと呼ばれることになるウェスタロス本土の地に上陸した。ウェスタロスの七王国のうち六王国は膝を屈し、残るドーンもまた政略結婚により従った。ターガリエン家は多くのドラゴンを抱えていたが、エイゴンの征服後一世紀以上たったころ〈双竜の舞踏〉と呼ばれる王位を巡っての内乱でその数を大きく減らし、やがて最後の一頭も死んでこの世からドラゴンは姿を消した。

ターガリエン家の王位失墜[]

狂王エイリス二世による不安定な統治の中、彼の息子であるレイガーウィンターフェルリアナ・スターク を、誘拐したという話があがる。理由はわからない。リアナの兄であるブランドンが抗議した結果、エイリス王は彼と彼の父リカード・スタークを逮捕し処刑した。この出来事がエダード・スタークロバート・バラシオン 、そしてジョン・アリンによる反乱のきっかけとなる。エイリスとレイガーは殺害され、ターガリエン家はウェスタロスでの力を失った。エイリスの一番若い子供であるヴィセーリスデナーリスはターガリエン家の忠臣によりエッソスの自由都市へと逃がされる。


一族[]

  • エイゴン・ターガリエン1世<征服王><竜王>
  • ヴィセーニア・ターガリエン
  • レイニス・ターガリエン
  • エイニス・ターガリエン1世
  • メイゴル・ターガリエン1世<残酷王>
  • エイゴン・ターガリエン<載冠せざりしエイゴン>
  • ジェヘアリーズ・ターガリエン1世<調停王><老王>
  • アリサン・ターガリエン<博愛王妃>
  • ヴィセーリス・ターガリエン1世
  • デイモン・ターガリエン
  • レイニラ・ターガリエン
  • ジェセアリーズ・ヴェラリオン
  • ルーカス・ヴェラリオン
  • ジョフリー・ヴェラリオン
  • エイゴン・ターガリエン2世<金竜>
  • エイリオン・ターガリエン<隻眼のエイリオン>
  • ベイロン・ターガリエン
  • エイゴン・ターガリエン3世<欠落王><滅竜王><不運王>
  • デイロン・ターガリエン1世
  • ベイラー・ターガリエン1世
  • ヴィセーリス・ターガリエン2世
  • エイゴン・ターガリエン4世<下劣王>
  • デイロン・ターガリエン2世<有徳王>
  • デイモン・ブラックファイア1世<黒竜>
  • エイゴル・リヴァーズ<鋼の剣>
  • ブリンデン・リヴァーズ<血斑鴉 >
  • デイロン・ターガリエン<酔いどれのデイロン>
  • エリオン・ターガリエン<赫奕のプリンス>
  • エイモン・ターガリエン
  • エイゴン・ターガリエン5世<幸運王>
  • デイモン・ブラックファイア2世<茶竜><フィドル弾きのサー・ジョン>
  • ダンカン・ターガリエン
  • ジェヘアリーズ・ターガリエン2世
  • エイリス・ターガリエン2世<狂王>
  • レイガー・ターガリエン
  • エイゴン・ターガリエン<若きグリフ>
  • レイニラ・ターガリエン
  • ヴィセーリス・ターガリエン<乞食王>
  • デナーリス・ターガリエン
  • エイゴン・ターガリエン(ジョン・スノウ)
  • カール・ドロゴ


シーズン1[]

シーズン2[]

シーズン3[]

シーズン4[]

シーズン5[]

デナーリスミーリーン を支配しようと試み続けるが、穢れなき軍団を暗殺し始めた、ハーピーの息子たち と呼ばれる秘密組織と対立する。奴隷を統治する親方の一人であるヒズダール・ゾ・ロラクはターガリエンの元にユンカイ を戻し、加えて町を治めるための元奴隷商人と解放された奴隷達の議会を作るという提案を持ちかける。しかし闘技場を再開してほしくないデナーリスは、その提案を却下する。その頃ペントスでは、ヴァリスティリオン・ラニスターをターガリエンの戦力に変えるために動いていた。壁では、キャッスル・ブラックの主でありデナーリスを除くと最後のターガリエンであるエイモン・ターガリエンが老いでこの世を去る。奴隷商人湾では、デナーリスがミーリーンの状況を何とかするためにヒズダールと結婚し、闘技場を再開する事に同意する。彼女は闘技場に赴いた際ジョラーと再会し、彼は捕虜となったティリオン・ラニスターをデナーリスに渡す。デナーリスはジョラーを許したわけではなく彼にこの場を去れと命令するが、ティリオンには彼女の助言者として支える事を許す。ダズナク闘技場で試合を見ている際、デナーリスはハーピーの息子たちの1人に暗殺されそうになるがジョラーに助けられる。隠れていた沢山のハーピーの息子たちが客席に現れ、ヒズダールを含めた元奴隷達や元奴隷商人達を殺し始める。デナーリスはハーピーの息子達に囲まれ絶体絶命に陥るが、ドロゴンが戻ってきて助けてくれる。ハーピーの息子たちがドロゴンを殺そうとしたが、デナーリスはその背中に跨り空へ飛び立つ。これによりデナーリスは今世紀最初のターガリエンのドラゴンライダーとなる。だが、ドラゴンはデナーリスの命令を全て聞くわけではなく、ドスラク の海からミーリーンへ戻れなくなってしまった。すぐに彼女はドスラクのカラザール に囲まれてしまう。


旗主および家来[]

Advertisement