FANDOM



『炎と血』(Fire and Blood)は、シーズン1の第十話。脚本はデイヴィッド・ベニオフ、D・B・ワイス、、監督はアラン・テイラーが務めた。

あらすじ編集

スターク家の軍勢が迫る中、王都キングズ・ランディングでは、王ジョフリーの命令によりエダードが処刑されてしまい、その悲報が各地へと伝わる。スターク家の奇襲により捕虜となったジェイミー。キャトリンはブランの事故についてジェイミーを詰問すると、ジェイミーは自分が塔から突き落としたことを認める。

ジェイミーが捕えられたことを知ったラニスター家のタイウィン。しかし、ジョフリーがエダードを殺したことで、スターク家と和睦もできなくなっていた。タイウィンはティリオンを“王の手”として王都に向かわせることでジョフリーたちを御することを決める。

一方、ナロー・シーでは、ひん死のカール・ドロゴを救うための妖女の儀式で、デナーリスが妊娠していた子が死んでしまう。そして、カール・ドロゴは一命を取りとめるが死んだも同然の状態だった。デナーリスはそんなカール・ドロゴを火葬し、自らもドラゴンの子として炎の中に進み入るのだった……